2013年02月03日

rubyの基本

コメントアウト



#print "hogehoge"


表示



単純な文字列の表示

print("hello")
print "hello"
puts "hello"
p "hello"


putsは最後に改行コードも出力する、またpは引数が文字列の場合は、出力の際に「"」で囲んで表示する

変数



とくに型はないのでそのまま出力

x = "hoge"
x = 11


#{...}で変数内展開が可能。

x = "hoge"
print "#{x} huga" #hoge huga


+演算子で結合

x = "hoge"
y = "fuga"
print x+y



配列



array = ["aa","bb","cc"]

print array[0] #aa
print array[1] #bb

array[0] = "dd"
print array[0] #dd

print array.length #3
print array.size #3

print array.join(",")#dd,bb,cc


ハッシュ



いわゆる連想配列

hash = {"a" =>"aa", "b" => "bb"}
print hash["a"]#aa

print hash.keys #a b
print hash.values #aa bb

print hash.key?("a") #true
print hash.key?("c") #false

print hash.size #2
hash.delete("a")
print hash.length #1





参考:[Programming] 猫とRubyを始めました 基礎文法まとめ | Last Day. jp
posted by ねこまんま at 11:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mac OS Xでrubyを動かす

Mac OS XのWeb共有で環境を作る際のメモ

まずはhttpd.confの設定変更

cd /etc/apache2/users/
sudo vi ユーザー名前.conf


次の内容を追加。

<Directory "/Users/ユーザー名前/Sites/cgi-bin/">
AddHandler cgi-script .cgi
Options All
</Directory>


これでcgi-binディレクトリでcgiが使えるようになる。

apachリセット

sudo apachectl restart


サイトフォルダにcgi-binディレクトリをつくりに以下のようなファイルをつくる

#!/usr/bin/ruby
print "Content-Type: text/plain\n\n"
print "hello"


ファイルの権限を変更。

sudo chmod 705 ~/Sites/cgi-bin/test.cgi


http://localhost/~ユーザー名前/cgi-bin/test.cgi

にアクセスしてhelloと表示されたら成功
タグ:Mac OS X
posted by ねこまんま at 01:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。