2013年05月23日

Macのruby を最新のバージョンにアップデート

MacPortsを利用してアップデートします。MacPortsのインストールにはXCodeが必要です。

MacPortsはけっこう前にインストールしたので以下のコマンドで最新にしておきましょう

sudo port -d selfupdate
sudo port -d sync


MacPortsのバージョンは次のコマンドで確認できます。

port -v


以下のコマンドでインストールできるrubyの一覧を確認できます

port list ruby*


表示されたのは以下の内容

ruby          @1.8.7-p371  lang/ruby
ruby-build @20130501 ruby/ruby-build
ruby19 @1.9.3-p392 lang/ruby19
ruby20 @2.0.0-p0 lang/ruby20
ruby186 @1.8.6-p420 lang/ruby186
ruby_select @1.0 sysutils/ruby_select


次のコマンドでrubyの1.9がインストールできます。

sudo port install ruby19


インストールされたrubyは/opt/local/bin/内にあるので次のコマンドでバージョンが確認できます。

/opt/local/bin/ruby1.9 -v


exportでPATHを追加するとrubyコマンドで/opt/local/bin/内にあるrubyが利用できるようになる。

export PATH=/opt/local/bin:/opt/local/sbin/:$PATH


MacPortsでインストールしたrubyは以下のコマンドで切り替えられます。

sudo port select ruby ruby19



参考:MacのRubyをRuby1.9へアップデート - わーくあうと!
タグ:MacPorts ruby Mac


posted by ねこまんま at 16:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | サーバー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック